So-net無料ブログ作成
検索選択
食べもの ブログトップ
前の10件 | -

7月16日にしか買えないお土産 [食べもの]

祇園祭の宵山 7月16日にしか販売されない和菓子 「行者餅」 を上司がお土産に買ってきてくれた。
「この日しか売ってないお菓子があるらしいんだな。あったら買ってくるよ」と言って出かけて行ったが、それがこのお菓子だった。

行者餅.jpg


材料
砂糖・味噌・白小豆・小麦粉・粉山椒

今も従姉妹や叔母たちがいる京都には、子供のころから遊びに行っていたけれど、このお菓子は初めて食べた。
素材の絶妙な組み合わせと味に感動した。

味噌をあまり好まない母には今一つの反応だったけれども、1806年創業のお店「柏屋光貞」の4代目が山伏として修業していた時に夢のお告げで作ったというこの「行者餅」を毎年楽しみにしている方たちが多くいるに違いないと思った。


行者餅.jpg


今は10代目当主 中川夕津也さんが後継者。



調べてみたところ、7月1日~10日までに予約しないと買えないらしい。上司、予約していたのかな?
5個入り1850円のようだ。

話は変わって、実は先月、我が家で久しぶりに京都からお取り寄せした ニシダやさんの「しば漬け風味おらがむら」を上司のお昼に添えたところ、予想した10倍くらいのフィードバックが返ってきた。
足しげく京都に通う彼から、今まで一度もしば漬けの話は出たことがなかったから、しば漬けには興味がないのだろうとずっと思っていた。千枚漬けとか、他の漬けものは買ってきてくれたことはあるけれど。

で、まあ、おすそ分けに、ざくざくと切ってお昼ごはんに添えてみたら、大好評だった。そんなに美味しいと思ってくれるなら、と更に2パックプレゼントしたら、食べるたびに「美味しい」と言い、最後には「気に入った。今度買ってくる」とまで。

さすがに、祇園祭に出かけて しば漬けを買うことはなかったようだ(笑)。



京都のおみやげ [食べもの]

10月の終わりの週末から文化の日まで出張休暇中だった上司の京都みやげ。文化元年(1804年)創業 亀末廣さんの「京の土」。以前、お店に行ったこともあるし、上司からもお土産でいただいたことがある。


151108 京の土.jpg



バーンと大きな1枚の正方形なのでダイナミックな印象があるけれど、紅葉が繊細さを感じさせる。
一見、ふわっとしたお麩のお菓子のようにもみえるけれども、外側はパリっと堅くておせんべいのよう。口に入れると上品な甘みがやさしくとける。つい、もう一度手をのばしてしまう。


ほんとうは切らずに割って食べます♪


秋を感じます。






鎌倉 Bebe [食べもの]

2015-11-03 23.21.23.jpg


さつまいものスープ
自家製フォカチャ
5種類のチーズのピザ
紅茶のパンナコッタ
飲み物


以前テラ・デリへ行った時にママさんが教えてくれたピザのお店。10月の半ばに初めて行くことができたのだけど日記に書いていなかった(^^ゞ 自分の工房で製造しているチーズが非常に美味しい。小野ファームの牛乳を使っているというので親しみを持った。そこのジェラートのファンだから♪。

今度はパスタも食べてみたい。でもその時にピザも食べるには、誰かと一緒に行ってシェアしないとね。


誕生日のお寿司と7週間前のどら焼き [食べもの]

先週の土曜日に母の誕生祝いで寿司屋へ行った。義妹の知っている店なので彼女が予約したのだけど、たぶん「おまかせ」コースを頼んだのだと思う。この写真にはないけれど、最後に卵焼きが一つ出てくる。

151017.jpeg



しゃりは小さすぎず大きすぎず。ネタは北海道から。美味しくてそのうえリーズナブル。

母は好物の穴子を更に二貫注文している。握りが13貫!!! 私たちは11貫でお腹がいっぱいだというのに。
しかも好きな物を食べる時は早いこと早いこと(笑)。


これ ↑ はコラージュだけど、土曜だったか日曜日か、音楽をつけたビデオにしてIGに投稿したらなぜか失敗した。投稿できなかったことって一度もないのに、なぜ? でも、よかった。お寿司はともかく、サンマのたたきや白子って外国の方には生々しいかも。ナマなんだから生々しいのだけどね(^^ゞ


ところで、ブログとかIG、フェイスブックなどに写真を残すことは、あとで役立つことがある(それが目的でそうしている方はいらっしゃるのだろうけど、私は自分の記録が特別役に立ったと思ったことはほとんどない。それにタイムラインが読みづらくなるから一度にたくさん投稿するのもされるのも好きじゃない。)


今日、たまたま義妹が東京の千住の和菓子屋で栗の茶きん絞りを買ってきた。その紙ぶくろには見覚えがあった。いつかどこかでそのお店のお菓子を食べた気がした。店の名前は「喜田家」。うう・・・何を食べたか思い出せない。アレもあった、コレもあった、それからどら焼きもあったと言う・・・。



どら焼き!
 


そうだ、どら焼きだぁーーーっ!!!


これ、これ ↓ 

どら焼き.jpg



IGをチェックしたら、あった!!! 7週間前だって~(笑)。

しかも、「しっとりと柔らかで、また食べたい」と記してる(笑)。そして、職場でいただき物をしてみんなで食べた、と書いてあったから、家族は食べていないわけ(^^ゞ


「それ、黒糖でしょ?」(義妹は黒糖のお菓子が大好き)
「そう」
「ああ、それを買ってくればよかったなーーー」
「そうだねー(笑)」
「茶きん絞り、4割引きになってたからなあ」
「ああ、生菓子だものね」
「今度はどら焼き買ってくる!!!」
「買ってきて~!!!」

うれしいー、「また食べたい」と思っていたどら焼きが食べられる、そのうちに♪

デヴィッドに このどら焼きをあげたかったなあ・・・

でも、能書きに書いてある・・・ 

六人衆焼は作ったその日に食べて頂くのが一番美味しいので、店頭のみでの販売とさせて頂きます。



それに賞味期限がとても短かったような・・・たいてい2日くらいまでだよね・・・。

[もうやだ~(悲しい顔)]



チョコレート [食べもの]

[ひらめき]12/20追記
Vesges のチョコレート --- 甘くなくて大人の味、そしてそれぞれに特徴があって どのチョコレートも非常に美味しかった! 空箱をずっととっておくわけにいかない時期になってきたので、写真におさめておくことにする。
右下の ヒッコリーのチップでスモークしたアーモンド入りディープ・ミルク・チョコ、 バルセロナ・バーは同じ物がふた箱(と言っても一箱の厚みは6mmくらい、チョコの厚さは2,3mmだったような・・・(^^ゞ) Library に入ってるので全部で8種類。

どうかまたいつか食べることができますように[揺れるハート]

VosgesLibrary.jpg




============ 追記はここまで


やはりシカゴにはシアトルの FRAN'S のチョコレートは売っていなかったらしく(そうだろうと思っていたけど残念)、上司からのおみやげはFRANGOのチョコレートだった! あら、FRANが共通だ(*^_^*)

FRANGO はミントが有名で、以前よくいただいたことがあるけどそれほど好きじゃなかった(^^ゞ 今回はLimited Edition だというケーキ・バター・チョコ。中が白いバターケーキのようで、思ったよりずーーーっとおいしくて良かった♪ 他に奥さんからメモパッドと h20+ のボディ・バームもいただく♪


そして、上司と一緒に出張していた方からいただいたのが Vosges (ヴォージュ) のMini Exotic Chocolate Bar Library。「帰りの便が機材故障のため、帰国が一日遅れる」という電話を受けて、社内伝達をした私個人へのおみやげ。 うふっ♪  

まだ開封していないのだけど、こちら小さいサイズも含まれていて、とっても楽しみ!!! 最上質のチリのチョコレートですって♪ 

ライブラリーって、ほんと、本棚みたいだな♪

151013 chocolates.jpg




ちなみに こちらは課のみんなにいただいたエキゾチック・トリュフ詰め合わせ 実物は分けてしまったので写真がないからこのリンクで。

配分したら、「このターメリックの香りがするのはなんなのーーー? チョコレートにカレー?」と騒ぐ人がいたので、
「そんなに違和感がある?」って内心思った私がちゃっかり食べた。美味しい


それにしても、多方面にお世話をかけると大変だ(^^ゞ


[ひらめき]10/29追記

FRAN'S のHP → https://www.franschocolates.com/ 

私がシアトル空港で買った上司へのお土産はこちらの7個入りの一番小さい箱
https://www.franschocolates.com/caramels/salted-caramels/gray-salt-caramels/

でも$14じゃなくて$18だったよーー[あせあせ(飛び散る汗)]


すてきな関連記事 http://www.whitegunpowder.com/home-garden/industrial-elements-ideas-and-inspirations-at-frans-chocolates/


デザート [食べもの]

会員あてに、「デザートを二つ注文するともうひとつサービス!」 という今月末まで有効の限定キャンペーンのメールが届いていたけど、利用する機会がなさそうに思えていたら・・・

偶然、昨日の夜はこんなことに・・・・ ↓


2015-06-24 20.00.58.jpg



たしか他の三人のうち、二人も会員だったような気がしていたのだけど、このメールを受け取っていなかった。

はーどろっくかふぇ 六本木[わーい(嬉しい顔)]

申し訳ないけど、上に乗ってる生クリームはお皿の横にはずした^^;
それでもかなりのカロリー摂ってるねえ[ふらふら]

まあ、でもここへ来たらブラウニーを食べるのはお約束ごとのひとつだから[わーい(嬉しい顔)]


てんぐさで寒天作りました② [食べもの]

先日いただいた てんぐさ の残りで再び寒天作り。

2度目なのでらーくらく

2015-06-21 14.53.23.jpg



しかし、素人はこれだから困る

まったく同じように作ることができない・・・

いや、全く同じ分量・条件で作っていないからそうなるのだろうけど^^;


2015-06-21 15.01.41.jpg



これは、みつ豆とかあんみつに入っている寒天とまったく一緒~!!![もうやだ~(悲しい顔)]


初めて作った時はツルツル感もあって、ところてんにしても美味しかったのになあ。



昔懐かしいお菓子  [食べもの]

先だってファミリーセール(社員ではないけど)へ出かけた時に、金沢「烏鶏庵」(←はじめて知った)のブースがあって、お楽しみ袋を売っていた。

カステラやバーククーヘンなど5000円相当の商品が入っていて2500円で販売中のところ、さらに1000円お引きします、という。お楽しみ袋に弱く、カステラが大好きな母への最適のお土産なので購入。

帰宅して中身をとりだしてみると、オーソドックスな品はひとつもなくて、すべて何か風味がついたものだった。たとえばバークムーヘンはチョコレートコーティングしてあったり、抹茶チョコがかけてあったり、カステラも他の味がついていたわけ(もちろん、それはそれで美味しかったけど、プレーンなものが入っているのもいいものだと思う)。 


私には、その中の「しょうがラスク」が絶品だった(きなこラスクも好みだったけど)♪ 卵の優しい香りと味をベースに、ショウガの味がぴりっときいていて、しょうが好きの上司にお茶受けとして出したら「美味しいね~」と気に入った風だった。

そこから話が始まった。というより、彼にとっての懐かしい味が次々とよみがえってきたらしい(笑)。

まず、彼が子どもの頃に父親が出張みやげに買って来てくれた 富山の「月世界」と風味が似ているという。
早速ネットで月世界を検索。さらに私が続けて調べたところ、三越本店でも扱っていることがわかった。

二日後に三越へ行くから買ってくると言うので、念のため予約を入れた(たぶん不要かも)。
菓遊庵で 


月世界 ↓ 

2015-04-13 20.55.14.jpg


ふわっーと口のなかで溶けて甘みが広がる。美味しい。

2015-04-13 20.56.10.jpg



そして、しょうがラスクを食べてもう一つ上司が思い出したのが、京都 の「きぬかけ」というお菓子
すでに元祖のお店は閉店し、別のお店が同様のお菓子を作っていたがその店も今はなく、現在は 宝泉堂 というお店が 「ほうせん」という名称で作っているということが判明。さいわい、こちらは京都駅で購入できることがわかり、某 山吹祭りに出かける予定の上司が買って来てくれることになった♪ 


ということで、お土産の箱のふたをあけたところ ↓

2015-04-13 20.36.20.jpg


薄く長い形状なのでナイフでカットした。ひびわれてしまうのでなかなか難しい(^^ゞ

2015-04-13 20.41.45.jpg



私は元祖 きぬかけ の味を知らないから比べようがないのだけれど、思い入れのある本人は、昔の方がもうちょっと硬くて卵の風味があった、と言っていた。ふむ・・・


子供のころや学生時代に食べたものは格別懐かしいのかな。

私にはそういうものがあったかなあ・・・。










いつ食べても美味しい お餅 [食べもの]

こちら ↓ はデパートの諸国銘菓でも曜日によって買える。
志゛満ん草餅 「草餅」 
2015-01-22.jpg


こちら ↓ は物産展などの催事でも入手可能。
大宰府名物 かさの家 「梅ケ枝餅」
2015-04-03.jpg


そしてもう一品
ちもと 「八雲餅」

残念だけど、撮った写真があまりにも無残で美味しそうに見えなかったため、削除してしまった。
他の方のブログへ飛んでみて欲しい。そして是非食べてみて欲しい[わーい(嬉しい顔)]

こちら

とか

こちら

チャプスイ [食べもの]






日曜日、チャプスイを食べに出かけた(ごちそうになった)。

シェフの話では、「華僑がアメリカで広めた中華料理。名前のチャプはchop = 切る、スイは 炒めるからきている」のだとか。「まかない」やテイクアウト用に作られていて、進駐軍やキャンプのある地域で広く食されたという。

要するにほとんど「中華丼」。でも、今日はホテルの小さな宴会場を借りて行われた「チャプスイを食べる会」のメイン料理だから、材料を個別に炒め、コンソメスープでさっと煮て、みりん、醤油、塩で味つけし、コーンスターチでとろみをつけてある。

2014-04-13 チャプスイ.jpg



見た目通り、とても美味しい

ただ、大量に調理しないと旨みが引き出せないため、注文を受けてから作るアラカルトには向かないとのことで、ここのメニューには無い。


でも、東京文化会館内の「精養軒」では定番メニュー。



前の10件 | - 食べもの ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。